窓と周辺の大掃除簡単にするなら?

前回の続きですが、これらの軍手を使ってブラインドを掃除していきましょうね。
まず、洗剤がついている軍手でブラインドをはさみます。
そして、はじから拭いていきます。
そうすると、これで洗剤、水拭きが一気に終わります。
それで綺麗になります。
せっかく綺麗になったブラインドに汚れがつきにくい状態になります。
(笑顔)。
ほこりがつきにく状態になるので、次のお掃除が楽と言うことになります。
(笑顔)ブラインドは、ほこりがついて、それがしつこい汚れになってしまうことがあります。
それで、ワックスを塗ります。
ワックス塗りも軍手を使うと便利ですよ。
(笑顔)この様に窓の大掃除については、その周辺の掃除もあります。
ですから、全てあわせるとかなりの重労働と言えます。
単に「窓の大掃除」だけだと考えると、窓の掃除に必要な人員、かかる時間も間違って計算してしまいますよね。
大掃除の計画を立てる時は、窓、ブラインド、網戸、サッシ、雨戸など、周辺のものを全て掃除すると思って計算した方が良いですね。
(笑顔)このように日程を分けても良いと思います。
(笑顔)窓の大掃除が終わります。
そして、窓がピカピカになります。
それで毎日、気持ちよく過ごせると思います。
(笑顔)(笑顔)大掃除の時は、徹底的に窓ガラスと、その周辺も掃除するようにしましょう。
レール、網戸、雨戸、ブラインドと、全てを綺麗にしたいものですね。
(笑顔)
風呂掃除道具おすすめ