フラット35で諸費用はいくらかかる?

マイホームの購入を考えた時ほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。
銀行や信用金庫などから申し込みができるので評判が良い所を探したいですよね。
その際、参考にしたいのが口コミサイトです。
サイトでは、資金に関することのほかお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるので良い契約を結びたいと思っている人にとって大変良い参考例になるかと思います。
住宅ローンを申し込んだらフラット35の審査が待っています。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、フラット35の審査はとても厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながらフラット35住宅ローン審査が通らないと、お金を借りることはできません。
フラット35の審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
フラット35住宅ローンの金利というのは大きく分けてフラット35の固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
一般的にはフラット35の固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、フラット35の固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
都合によりフラット35住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。
万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
クビになった原因が自分にあるのか、それとも会社側にあるのかこの理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。
きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。
近い将来、自分の家を建てたいと思っている方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。
これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。
ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。
このような事にならないように、加入しておけばあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。
ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

フラット35の特徴とは? 【金利や諸費用のメリットを教えて!】